自己処理より脱毛サロンが断然オススメ!メリット・デメリットを比較

MENU

あこがれの脱毛サロン

ただいまたくさんの女性から人気を集めているという脱毛サロン。

 

毎日の面倒な脱毛処理から解放されるという理由でレディーたちから大注目なんです。

 

とはいってもお店に行かなきゃいけないのはちょっとおっくうに思っちゃう…。

 

だけでなく体にレーザーを当てるなんておっかないしそれなら私が綺麗にしよう。

 

そう感じる人もいっぱいいるでしょう。

 

その前に、この記事を読んでください。

 

サロンに行くと毛が生えなくなるだけじゃなくいいことは他にも。

 

その上セルフケアには本当は危険なこともあるとも考えられます。

 

そこでこのページでは自己流とサロン、それぞれのいい点・悪い点を考えてその差異は何か?
についてご紹介していきたいと思います♪

 

自分できれいにする長所と短所

<メリット>
・お手軽!
体毛の自己処理の長所と言えば、なんといっても簡単に処理できることです。

 

みなさんが多くやっているであろう自宅での処理と言えばカミソリで
毛を剃ってしまうことかと思いますが、この方法は道具をそろえたら他のお金はいりません。

 

処理したいときに手入れできるのも素敵ですね。

 

ムダ毛が気になったときにすぐに処理できて綺麗なお肌が手に入るのでとてもお手軽ですね。

 

<デメリット>
・危険剃刀でのケアは危ないってことを聞いたことがあるかもしれません。

 

一番手軽なかみそりを使った方法。

 

剃った部分をよく見てみると肌が痛んでるといった経験はないでしょうか。

 

毎日剃刀を使っていると気づかぬうちに細かく傷をつけているんです。

 

一見、傷ついてるようには感じられなくても肌に何度も剃刀を当てると本当はかなりの小さく傷ついています。

 

以上のような理由でカミソリを使うたびに考えもしないうちに傷つけているということなのです。

 

これを何回もしていると荒れや乾燥になる可能性もあるんです。

 

カミソリで剃るだけでなく毛抜きを利用して抜いている人も注意して欲しいのは色素の沈着です。

 

毎日カミソリや毛抜きで肌を刺激しているとお肌に負担がためられていきます。

 

そのことが色素が沈着して肌が黒くなってしまいます。

 

一度沈着すると取れにくいです。

 

脇が汚いなんて可愛くしていても台無しになってしまいます。

 

そのため、このような色素沈着を食い止めることがとても重要です。

 

だからこれを読んでいる方々が毎日していることが実はとっても危険なんです。

 

・毛の剃り忘れがある
手抜きをしていると出し抜けに体毛が見えちゃったそういう経験、ある方もいるのでは。

 

自分で毛を綺麗にするのは面倒なこともあっておざなりにしてしまうこともあるでしょう。

 

そんなときに、お肌を露出することも。

 

処理が適当になっていて残念な思いになっちゃうのも毛を自分で処理することのデメリットです。

 

きれいに剃ったつもりでも残っちゃったり何日もしないうちに毛が目立ってきたなんて悩みもよく聞きます。

 

特にワキなんかは考えるより出てきちゃうからバスなんかで心配になった人もいるのでは。

 

こんな困った経験は毛を自分で処理しているとおこるひとつと言えるでしょう。

 

 

お店の長所と短所

<メリット>
・自己処理が全く不要になる♪
お店で綺麗にしたときの最も大きい長所は自分で綺麗にしなくていいということです。

 

お店で綺麗にしてもらえば施術してもらったら美しいお肌をキープできます。

 

面倒な自己処理を一切気にすることなくいいなんてグッドですね。

 

お店の脱毛なら忘れる心配もなくどこでもお出かけできます。

 

他にもVIOや背中は特にけっこう自分ではできないもの。

 

プロの業なら全部きれいにしてもらえるから難しい部位もしなくてよくなります。

 

・肌のビューティ―効果も
脱毛するとスキンも美しくなるといいます。

 

脱毛をしてもらう際に当ててもらう光は肌の中、真皮の線維芽細胞を力強く働かせてくれます。

 

ヒアルロン酸などから作られる真皮はお肌にハリや弾力を与えてくれる細胞です。

 

そして繊維芽細胞は、真皮を形作るコラーゲンが生成されてお肌を美しくしてくれます。

 

脱毛サロンで光を当ててもらうと細胞が元気になってコラーゲンなどができて真皮に弾力が生まれるんです。

 

それにレーザーで抜くと毛穴が締まると言います。

 

実は毛穴の体毛が抜けてしまうとスペースができた分毛穴が縮小します。

 

体の毛穴の悩みがある人もそれがなくなるかも。

 

脱毛サロンのレーザーはそばかすの解消にも役立ちます。

 

サロンのレーザーはお肌の改善に医療機関などでも利用されていたんだとか。

 

体毛の悩みから解き放たれるだけじゃなくみなさんのお肌そのものも美しくできるなんて
かなり嬉しいですね。

 

<デメリット>
・お金の支払い
脱毛サロンを躊躇する理由として何を置いてもまず考えられるのはお金が必要ということです。

 

セルフケアだとお金を使わなくていいのにお店に行っちゃうとお支払いの面での必要があります。

 

高価格なイメージもあるかもしれないけど安いサロンもあると知ってるでしょうか?

 

最近は金額を月極めで取り入れているサロンもあってその価格帯は2,000〜9,000円/月。

 

月々1万円かからずにお肌を綺麗にできるなんて素敵ですね。

 

その安さから社会人でない学生さんの中にもサロンを利用する人もいるようです。

 

この値段ならアルバイトでも学生も利用できるのですね。

 

サロンによってお得な情報も。

 

お店ごとの公式ホームページに掲載されているキャンペーンを調べればもっと安価でいけるかも。

 

興味のあるサロンがあったら一度は公式サイトを見てみましょう。

 

・脱毛サロンが良いがめんどう
サロンのデメリットとしてよく言われるのが面倒くさいということ。

 

仕事に遊びに忙しい人にとって毎月通わなきゃというのは面倒にも思えますよね。

 

ですが今ではそういう声から女の子を惹きつけるサービスを叶えてくれるところもあります。

 

シースリーは、ハイレベルなホテルをイメージしていて内装は高級感あふれるゴージャスなもの。

 

施術室は完全個室で何も気にせずに脱毛できます。

 

脱毛ラボというお店では施術後エステという特典もあるのだとか。

 

というようにサロンによっては惹かれるサービスをしてくれてナーバスになりそうでも足を運びたくなりますよ。

 

 

自分でする長所とお店でする長所

以上、お互いの特徴をまとめてみました。

 

・手軽なのはセルフケア
サロンに通う手間を考えると自分でする方が手軽さでは勝るのでイージーにできるのは自分でのケア。

 

・日々のケアが楽になるのはお店
お店に行くのは面倒。

 

でも、いったん綺麗にしてもらうとそっからはセルフケアをしなくていいのでこちらはサロンの方が楽かとおもいます。

 

・ハラハラしなくていいのはお店
お伝えしたように危ないこともある自己処理。

 

サロンに通って自分でする必要がなくなれば大事な肌を痛めなくていいというような安心があります。

 

・美肌効果は脱毛サロン
お店に行くと自分で剃った時の荒れをハラハラするのもなくなり、シミやシワなどのケアもでき、お肌を整えることができます。

 

お肌を整えたいなら脱毛サロンがいいですね。

 

・金銭面は自己処理
自分で処理する方が金銭面ではメリットが多いと判断しました。

 

長い目でみると消耗品を購入しなきゃいけないので一生の単位でみるとお店も悪くないと考える人もいるでしょう。

 

・楽しみがあるのはお店
仕上がりのお肌が美しくなる楽しみがわくわくどきどきするのはサロンの醍醐味です。

 

リラックスできるアロマなどの素敵な特典があると行くのも楽しみですね。

 

 

メリットデメリットまとめ

どうでしたか?

 

自分の処理とお店の処理、いろいろそれぞれ特徴を並べましたが、
このように考えるとサロンもいいところがあります。

 

レディーたちから人気なのもうなずける気がします。

 

みなさんも、お店でつるつるお肌を自分のものにしてはいかがでしょうか。

関連ページ

エステサロンで施術したとき
シースリー脱毛 渋谷店の口コミやWEB特典付の簡単予約はココからできます。 ここから予約すると全身53ヶ所脱毛が今なら月額7,000円で、最大2ヶ月無料になります。安心できる脱毛サロンシースリー渋谷店の地図や営業時間なども紹介しています。
サロンに行く前に毛の構造や毛周期をチェック!
サロンに行く前に毛の構造や毛周期をチェック!実は毛の構造はあまり知られていなくて、毛根部・毛が生えるメカニズム・成長スピード・毛周期と凄く奥が深いのです。サロンで施術する際やカウンセリング時に、この知識があれば損する事もなくスムーズに話が進みます。施術の予約前に確認しておきましょう。
脱毛が1回で終わらない理由とは?毛周期が大きく関係している!
脱毛が1回で終わらない理由とは?毛周期が大きく関係している!主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違います。効率よく自分の考えている脱毛をするには、サロン選びは非常に重要です。脱毛が1回で終わらない理由が分からない方は是非ご覧ください。